現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

検索条件

例)コエンザイム
商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ



お問い合わせ
フリーダイアル:0120-054-339。ファックス:03-5647-7320。
営業時間:月曜日から金曜日は10時から19時まで。土曜日は10時から18時まで。

メールアドレス

info@hbwusa.com

(お問い合わせはこちら。)

FAQ(よくある質問)

ページ 1/3 1 2 3
Q 商品のふたが 開きにくいのですが。
A

アメリカの商品は、子供が簡単に開けられないように設計されています。そのため商品によってはふたが開けにくくなっているものがあります。
開け方のコツは、ボトルとふたを押さえつけるようにし、ねじるように左方向へまわしてください。

Q 到着した商品の箱がへこんでいるのですが。
A

配送中の衝撃により、箱にへこみ等の破損が生じる場合がございますが、予めご了承くださいますようお願いいたします。
(万が一、商品自体に液漏れ等がございましたら、返品・交換させていただきます。)

Q キャップを外したら、ウチブタがあいていましたが・・・
A

製造過程において内蓋を糊付けする際にキャップにくっついてしまうことがあります。キャップをビニールで包装(封)がされている場合にはなんら問題はありません。
万が一、商品に不備があった場合は直ぐに再発送させていただきますので、ご安心ください。

Q メールマガジンを購読したいのですが・・・
A

ホームページ右側の各種サービスより「メールマガジン」をクリックしていただくとEメールアドレスを登録できます。ご登録いただくと、お得な情報が届きますのでお気軽にご利用下さい。

Q 請求書の支払期限が過ぎてしまいました。どうしたらいいでしょう?
A

お手数ですが、カスタマーセンター0120-054-339までご連絡下さい。
新しいご請求書を再発行させていただきます。

Q ログインする時のパスワードを忘れましたが、どうすればいいでしょうか?
A

ログイン画面に「パスワードを忘れた方は・・・」という項目がございます。
ご登録のEメールアドレスを入力していただければ、すぐに新しいパスワードを発信いたします。
また、Eメールアドレスを変更した方はお手数ですが、カスタマーセンターまでご連絡下さい。
0120-054-339

Q どれくらい飲めば効果が出ますか?
A

サプリメントは薬品ではないので、即効性はなく、ゆっくりと体質改善の効果が現れていくものです。
個人差はありますが、弊社では2~3ヶ月は同じサプリメントを継続していただくようお勧めしております。
何ヶ月も継続しても効果が現れないような場合は、違うサプリメントに変えたり、ご自身にあったサプリメントを探してみましょう。

Q サプリメントはいつ飲むのが一番効果的なんでしょうか?
A

サプリメントは医薬品ではないので、基本的に食品ですのでいつ飲んでもよいのですが、吸収という点で考えると理想的なタイミングは食後になります。
満腹時のほうが、食べものと一緒にゆっくりと継続的に吸収され、吸収量が増加します。
ビタミン、ミネラルは、食品と一緒にとらないと、よく吸収されません。1日分を1度に摂るより、2~3回に分けて食後に摂る方が効果的です。
特に、水溶性のビタミンCなどは、余分なものは体外に排泄されてしまうので、1日分を2,3回ぐらいに分けて飲んだほうが無駄がなく、効果的です。

サプリメントは、食事と同じで、規則正しく適度な間隔を保って必要な量を摂取しましょう。

また、食物繊維とミネラルは一緒に摂るとミネラルの吸収が阻害されることがあります。食物繊維が腸で吸収されるべきミネラル成分にくっつき、排出してしまいますので分けて摂ることをお勧めいたします。

Q 年齢と共に代謝が落ちてきていてなかなか体重が落ちません。どうしたら代謝があがりますか?
A

無理な食事制限などをすると、代謝をあげるための筋肉が落ちてしまいます。
筋肉が鍛えられれば代謝も上がりますので毎日少しずつ運動をしましょう。
腹筋運動・背筋運動・ダンベル体操などが効果的です。
これらの運動の前に、Lカルニチンなど脂肪燃焼系のサプリメントを服用することをお勧めいたします。

Q 色々なサプリメントを併用して使ってもいいですか?
A

弊社では、お客様に安全で効率的な服用方法をご案内しております。

同じような効能があるサプリメントの併用は、成分を重複して摂取することが考えられますのでお勧めしておりません。ご自身でサプリメントの効果を実感していただくためにも同じような種類のものは併用せずに、一つのサプリメントを2~3ヶ月位続けてご使用いただくことをお勧めいたします。
ダイエット中はビタミン・ミネラルが不足しがちになりますので、こちらは併用して摂取することをお勧めいたします。

ページ 1/3 1 2 3